もしドラ読み終わった


とても読みやすかったので、あいた時間に残りを一気に読んだ。
ストーリーはよくある感じなのだけど、これがビジネス書というのが新しいのかも。

なんとなく小難しい印象があったものの間口を開けて、新規ユーザの開拓に貢献したんじゃない?この手法は流行るんじゃね?

少しわかった気にさせてくれるので、次のステップに踏み出そうという気分になった。
活字アレルギーあるけど、あんまり戻ることなかったのは情報量が少なかったというだけではないと思われ。

まあ、でも、それなりの内容を求めている人には不向きなのかな。
あくまで躊躇していた人たちには良いのでは。

Error: Suspended

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です