エンターテイメントなんですって


熱しやすく冷めやすい私が最近ハマってしまったモノ、そう、それはプロレス。
プロレスです(大事なことは2回いっとく)。

二人姉妹で子供の頃はほとんど触れることもなかったプロレス。
いかついおっさんが殴り合って流血して痛そうという印象のプロレス。
マニアックなファンが多くて他のスポーツとは一線を画した感のあるプロレス。
で、なんとなく敬遠していたプロレス。

そんなプロレスになぜかすっかりはまってしまいました。

きっかけは、友達に誘われた「戦国武将祭
「面白そうなイベントやるみたい、知り合いがご招待してくれるって」というので「はーい、いきまっす!」とノリ良く返事したものの、実は前日まで何のイベントかもちゃんと理解してませんでした(ゴメンナサイ)。
プロレスラーが出るというのも全く知らず、当日埼玉アリーナで待ち合わせしてからイベントの趣旨を知ったくらい。
でも来る物はで楽しそうなものは拒まない、普段からそんなもんです(開き直り)
割となんでも楽しむ性分だし!(居直り)

イベントの内容は、公式サイトに詳しくあるのでそちらを見てもらったほうがわかりやすいとは思うんでそちらをご参照あれ。
(余談ですが、声優ファンというジャンルがあるのを初めて知った、そしてGACKTがどれだけ人気があるのかを思い知ったイベントでもありました。カリスマってすげーね。)

実際見て、目から鱗だったのが、プロレスラーは飛ぶんです。
知ってた?やー、しらなかったよ。

プロレスラーといえば、バラエティに出ている猪木、武藤、蝶野、高田、佐々木健介くらいしか知らない私。(割と知ってるほう?)
あ、桜庭も知ってるや。
そんないかつい体をした人たちが、殴ったり関節技やったり寝技やったりするのがプロレスだと思ってた。
っていうか、そんなガタイでの人たちがプロレスラーだと思ってるから、軽々と飛んだりなんて想像できないじゃない?
それが、コーナーから飛ぶんだー、びっくり・・・と心が揺れました。

事前の友人の説明でエンターテイメントなのだということを知ったのも鱗でした。
今までジャンルはスポーツだとばかり思っていたのに、勝敗よりもお客さんの反応が大事なエンターテイメントだったと。
ここも地味に衝撃、スポーツ的観戦ではないのか・・・。

実際に見ていて、若い選手のスピード感は確かにすごいんだけども、ベテランの選手の存在感は安定した渋さがある気がしました。見せ方とかもおおーなるほどね!と思ったし。
選手それぞれに違った味があって、それぞれ魅せるための技を出していくのかーと、今まで考えてたものとは違ったものに見えました。

あとはねー、意外にイケメンが何人かいてびっくり。
しかもいいカラダ!ボディビルダーのような見せるためだけの筋肉じゃなくて実用性のある筋肉の美しさ。
そうきたら、女子的視点でもハマってしまうわけですよ。
帰りに駅に向かう途中でいかにも声優ファンな女子達が、「あのプロレスラーかっこよかったよね、帰って検索してみよう」と言っていたのもうなずけます。
プロレスって女子にも引きがありますよ。
GACKTファンはじゃんるが違うかもしれないけどw

イベントとしても珍しい類のものだったかなー。
戦国という切り口で、プロレスラーだけじゃなく、ミュージシャン、声優、パフォーマーと違ったジャンルで出演されていたのに、まとまったイベントにだったと思います。
集まったファン層の違いが妙なカオス感を醸し出しているのもまた面白かったし。

で、ミーハーなにわかプロレスファンになった私が、更にはまるに至る一つ大きな要因もあったのですが、それはまた後日ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です